【金買取・.net】口コミで悪質業者が判明!高額査定業者TOP5

18kの意味を金買取の前に知っておこう

金を売るときに、18kとか、10kとか、24kとかよく聞きませんか?一般家庭が所持している金製品に多いのは、圧倒的に18kです。そもそも18kという言葉が何を示しているか、知っていますか?18kというのは、金の純度を示しています。金は24分割で計算されていますので、24kといわれるものは、金の純度が24分の24、つまり100%ということになりますね。18kの場合は24分の18ですから、%にすると75%になります。24kより純度は下がってしまいますが、金は柔らかい金属なので、すべて金では製品として成り立たないものも多いです。ネックレスに24kを使うと、すぐに変形します。18kは純度を高く保ったまま、金製品としての形を維持できる最高の割合なのです。私もこうした知識がなかったので、調べてみてびっくりしました。確かに所持しているネックレスには18kと刻印されていました。純度を知ることで、売る前に適正な価格を知ることができますよね。中には、24kと18kの意味を逆に説明するなど、金の価値を正確に伝えてくれない業者もあります。相手が素人だと思って嘘をついているのです。事前知識として自分で知っておけば、こういった悪い考えの業者につかまらなくて済みます。当サイトで紹介している買取業者にはそのような業者はいませんので、信頼して依頼してくださいね。